ChatGPTを使いこなす

AIについての是非より先に使いこなすことが大切

AIのの進歩は凄まじく、まさに日進月歩で開発がすすんでいます。
AIが悪か善かなんて置いといて、とにかく使いこなすことが重要だと思います。現在ではChatGPTで何かをつくって、ExcelやWord、開発環境へ持っていくというのが一般的ですが、数年後にはOfficeや開発環境に標準でAIが搭載されているような状況になっていると思います。
個々の部分はAIに作ってもらいながら、それをまとめて一つのものにしていくという形になるでしょう。 悪だ!と言い続けてフェードアウトしていくのも良いのでしょうが、使いこなせる様になっておきたいとはおもいますので、このシリーズを始めます。 半分以上は自分の学習用の記事です。

AIに文章を書いてもらう

ChatGPTに意図した文章を生成させるためには、適切なプロンプトを使用することが重要です。以下に、記事を書く際にカスタムプロンプトを効果的に設定するためのコツをいくつか示します。
  1. 明確な指示を含める: プロンプトには明確な指示を含めることで、AIに望む内容を正確に理解させることができます。例えば、「次に、健康的な食事の重要性について説明してください。」のように具体的な指示を書くと、AIはそのテーマに関連する内容を提供しやすくなります。
  2. 具体的なトピックを設定する: AIは特定のトピックに焦点を当てることで、より専門的な情報を提供しやすくなります。たとえば、「環境にやさしい生活を送るための方法について教えてください。」というように、特定のテーマをプロンプトに盛り込むことで、より具体的な回答が得られるでしょう。
  3. 質問形式を使用する: AIに質問形式のプロンプトを与えると、対話のような形で文章を生成してもらえることがあります。例えば、「なぜリサイクルが重要なのですか?」と質問すると、AIがその質問に対する説明を行ってくれるかもしれません。
  4. 続きを求める: 一度のプロンプトで完成するのが難しい場合は、AIに続きを求めることができます。例えば、「前回の説明に加えて、具体的な実践方法も教えてください。」と続きを尋ねることで、より詳細な情報を得ることができます。
  5. 簡潔な指示を心掛ける: プロンプトが長すぎると、AIが理解するのが難しくなることがあります。簡潔ながらも明確な指示を心掛けましょう。
  6. 適度な柔軟性を持たせる: AIの回答は予測困難な場合がありますが、適度な柔軟性を持たせることで、想定外のアプローチやアイデアを得ることができます。必ずしも予定通りの回答を求めるのではなく、AIのクリエイティブな側面を引き出すことも大切です。
これらのコツを考慮しつつ、プロンプトを適切にカスタマイズすることで、AIに意図した内容を生成させることができるでしょう。初めてでも試行錯誤しながら、AIとのコラボレーションを楽しんでみてください。

AIAI,ChatGPT

Posted by 63n