中華WIndows8,1Tablet 安すぎる!

すっかり月刊になってる感のあるブログです。

+BingっていうWindows8.1のエディションがでてライセンス料無料なのとIntelも頑張ってるののダブル効果でWindows8.1乗ったTabletの値段がすごいことになっちゃってます。
そういうわけで一台買いました。デジタイザペンがついてるという理由でPipo W5です。8inchTabletです。
DSC02508
静電誘導タッチパネルだけじゃなくて、電磁誘導式のデジタイザが付いてるんですよコレ。筆圧感知も1024段階付いてて便利です。デスクトップアプリの捜査にはペン使いやすいですね。
ペンがない場合はタッチパネルの一部をタッチパッドのように利用してマウスカーソルを動かせるヘルパーアプリを入れておくと便利です。というかMicroSoft標準でつけとけよ!
 
昨日ニュースになってましたが、イオンでもWindows8.1のTabletを売るようで、1G16Gで使い方に工夫は必要ですが12800円で発売するそうです。そのくらいの値段で買えちゃうとAndroidとかちょっと存在意義が薄れちゃいますよね。やはり互換性は大切な要素ですから。

それと一緒に8inch入れられるインナーケースも買いました。iPadが重くなるのがイヤでiPadでもインナーケースを利用しているのですが今回は吟味に衝動買いを重ねた結果。Kingjimのタブリオを買いました。
カバンにそのままインできるのはもちろん。単体でも持ち歩きが可能だし、USBケーブルなんかの小物やペンも収納できるし、Tabletが入るサイズスペースが2箇所あるので小さめキーボードなんかも同時に持ち歩き可能です。さすがポメラのKINGJIMこういう隙間産業的なの作らせるとすごいです。
DSC02509
うーんスッキリ。気に入ってしまいました。iPad Airサイズのもほしくなってきそうです。

次回は少ない容量を大切に! WIMBootを使った容量節約術「え?後から日本語?そんなの容量もったいないじゃん。通はWimイメージを編集するんだよ!」を書く予定です。
 

キングジム タブレットPC・ノ-トケ-スS タブリオ 7901 黒