WSL on KALI

2018年3月19日

2018年3月7日にWindowsストアにKALIが追加されたのでそれを入れてみたいと思います。
まずは、WSLを使えるようにするために機能を有効化します。

再起動したら、WindowsストアからKALIを入れていきます。

超簡単ですね。
入ったらKaliを起動して、インストール完了後適当な新規ユーザーを作成パスワードを設定します。
それが終わったらおもむろにアップデートをかけておきます。

sudo apt-get update
sudo apt-get distupgrade

後は色々とPentest用のツールを入れていくわけですが、脆弱性を突くツール群が普通にあるのでそのままだと当然のようにWindowsDefenderに検知されてしまいます。

ここに表示されているファイルパスがKaliのインストール先になりますのでそれをディフェンダーの除外に追加しておきます。
大抵の場合は

C:\user\username\AppData\Local\Packages\Kali****************

にインストールされているはずです。

ここまで終われば後はお好みのツールを入れて使うだけですね。

次回の記事ではXwindow関連を弄ってGUIツールも使えるようにしてみたいと思います。

しかし、前にKaliの記事を書いた時にも思ったけれどKali選ぶような人がこんな記事読む必要があるんだろうか?

Microsoft, Security

Posted by Kyo