TS80P ~USB Type-Cで使えるはんだごて~

TS80Pについて

とっても有名なUSBはんだごてですね。多くのブロガーさんやYouTuberさんに紹介されています。
なにより、USB-TypeCのPDとQCに対応していることで屋外なんかでも簡単にはんだ作業ができるのが素晴らしい!
ユーザーの中にはPCのUSBポートからこれを使って作業するなんていう方もいたりします。

とってもいい商品だと思いますし、だいぶ前の投稿(Intelやらかしてる)の頃から使ってはいたのですが、ブログ記事にするのが面倒で放置されてました。
理由はいくつかあるのですが、一番の問題点はPDが上手く動作しない!という事でした。 今回はこれを修正して、PDでうまく使えるようになったので紹介しておこうとおもいます。

ファームウェアを更新する

後進するファームウェアですが下のリンクをみても分かるように、カスタムファームウェアになります。 公式のファームウェアもありますが、オープンソースだから良いだろ的にアップデートが放置気味なのでしかたないですね。
GitHubからファームウぇアをダウンロードして解凍しておきます。 はんだごての、こて先側のボタンをおしながらPCにUSB接続するとDFUモードになってUSBメモリーのようにフォルダが表示されます。
その中に解凍したファームウェアをドロップすると、再起動して拡張子が.binから.rdyに変わってるのが確認できるはずです。
あとはそのまま一度USB接続を解除して再度接続すれば更新が完了していると思います。
おつかれさまでした